水銀灯・蛍光灯からLED照明へ交換工事LED工事の達人ledtatsujin.com

お問い合わせ(営業時間 9:00~17:00) 0120-913-956
Menu

LED照明と蛍光灯・水銀灯との比較

LED照明と蛍光灯・水銀灯+セラメタとの比較

従来型照明には無い特徴やメリットを備えたLED照明器具。この特徴を器具ごとに比較しその優位性を説明致します。

LED 評価 蛍光灯 評価 水銀灯・セラメタ 評価
発光原理 半導体間の電子の移動による物質の再結合により、エネルギー変換され発光する。 蛍光物質を塗ったガラス管の両端の電極から放電し、水銀原子が放出する紫外線により蛍光物質が発光する。 内部2重構造で高水銀蒸気圧とアーク放電により高輝度に発光する。
ランプ寿命 * 約40,000時間 平均約12,000時間 グロー式・ラピッド式・インバーター等により異なる。また、入切を繰り返すと短命になる。 約8,000~16,000時間
波長特性 可視光線に比べ紫外線・赤外線が少ない(虫が寄りづらい) 可視光線に比べ赤外線・紫外線の放出量が若干多い。 可視光線に比べ赤外線・紫外線の放出量が非常に多い。 ×
発光効率 実用 80~160Lm/w (実験では249 Lm/wまで) 40~110 Lm/w 60~130 Lm/w
立ち上がり時間 スイッチオンで即100%発光 ON/OFF繰り返し自由自在 100%発光までに30秒~ ON/OFFを繰り返す毎に寿命が縮む 100%発光まで約10~20分 1度消灯すると、再点灯までに約10分 ×
放熱 放出された光には赤外線が少ない為、照射面がほとんど発熱しない。 発熱を赤外線放出しない為、器具自体は熱を持ちます。 エネルギーの約40%が赤外線放射となり熱を放出します。 エネルギーの約60%が赤外線放射となり高熱を放出します。 ×
制御 調光(0~100%)・照射範囲等の制御がしやすい 調光は段階的。光の方向性は制御しづらい。 基本的に連続調光不可。 光の方向性は制御しづらい。 ×
色温度 電球色・温白色・白色・昼白色・昼光色等 多用途に対応。 高演色性(色の再現度) 通常の電球色・温白色・白色・昼白色・昼光色以外にも殺菌灯やブラックライトなどの特殊照明までカバー 電球色から白色程度
光束密度 発光面が点光源に近く照射面に対し光の密度が高い ■スポット的照射 360度発光の為、管自体の光束密度が低い。 ■全体を照らす拡散光 360度照射の為、ランプ自体の光束密度が低い。 ■全体を照らす拡散光
環境特性 周囲温度の影響が少ない (低温に強い) 周囲温度の影響を受けやすい 周囲温度の影響が少ない
輝度 ランプの輝度が高く直接光は眩しい ランプの表面輝度が低い ランプの輝度が高く直接光は眩しい
環境安全性 水銀不使用 廃棄が容易で環境に優しい 水銀使用 (水銀による環境汚染問題) × 水銀使用 (水銀による環境汚染問題) ×
耐衝撃性 樹脂製の為強い 管がガラス製の為弱い × ガラスの2重構造の為弱い ×

LED照明比較-照明用語解説

Lm/w (ルーメンパーワット)

1w当りの光の量の単位。
数値が高いほど発光高率が良い

色温度

光の色 単位はケルビン(K)
3000K(オレンジ )→ 4000K(白 )→ 6500K(青白い )
一般に蛍光灯は比較的色温度が高く、白熱灯は比較的色温度が低い。太陽光は5000K-6000Kと言われています。

虫が寄りやすい波長

蛾やブヨ、ハエなどの複眼をもつ虫は紫外線に集まると言われています。LED照明は水銀灯と比較して複眼の虫が好む紫外線に含まれる400nmの波長がほとんど発生しないため、蛾やブヨ、ハエなどが集まりにくい性質があります。

※なお、クモや蚊など赤外線や可視光線を好む虫への効果は期待できません。

光束(Lm)・光束密度

光束とは光源からある方向に放射されたすべての光の明るさを表すための単位。
(放射される光を線ととらえ、何本の光があるか?と考えると解り易い)
光束密度とは照射される光の密度の事(ある範囲に光の線が何本あるか)

同じLm数で見た場合LEDは下方向に光が集中するため照射面は明るくなる。オフィスや店舗の蛍光灯は360度光る必要性がない為、LED蛍光灯は一般蛍光灯と同等の明るさになり約半分の省エネとなるように設計されております。

水銀(「水銀に関する水俣条約」を採択…水銀の採掘や輸出入など規制)

蛍光灯などの照明(水銀灯、メタルハライド、セラミックハライド)、電池、計測器、 スイッチ、虫歯治療材の主要製品5種の製造、販売、流通、輸出を原則禁止。一般照明用高圧水銀ランプについては2020年までに 水銀の使用量に関係なく製造、輸出入が禁止となります。

LED照明と水銀灯の電気代(コスト)比較

水銀灯・蛍光灯からLED照明へ換えるだけでこんなにお得。電気代(コスト)を比較いたしました。

*1日9時間、月間21日、年間250日=2,250時間で点灯した場合
*電力単価1kwあたり18円にて計算しております
*水銀灯は消費電力に安定器含む
*金額はあくまでも目安です。電力会社との契約により異なります。

LED照明と蛍光灯の電気代(コスト)比較

一般的なオフィス等に於ける電力の用途別使用割合

*財)省エネルギーセンター「オフィスビルの省エネルギー」オフィス占有面積比率に基づき弊社作成
*1日9時間、月間21日、年間250日=2,250時間で点灯した場合
*電力単価1kwあたり23円にて計算しております
*蛍光灯は消費電力に安定器含む
*金額はあくまでも目安です。電力会社との契約により異なります。

オフィスの光熱費中約40%を占める「照明の電力使用量」

LED照明は白熱灯などの他の照明と違い光線に熱を含まない為、冷房負担が少なく空調電源の省エネに繋がります。空調の電気代は一般的なオフィスの光熱費中約28%を占める照明に次ぐ使用量があり冷房の効きを高める効果が期待できます。

蛍光灯の本数を減らすよりも効果的!

省エネ・節電のために行われる「蛍光灯の間引き」。しかし必要なところにしっかりと光が当たっていないと目の疲れを引き起こしたり、最悪の場合事故などのトラブルにつながってしまいます。LED照明なら「蛍光灯の間引き」よりも高い節電効果が期待でき、労働環境への影響を最小限に抑えることができます。

LED照明工事のメリット

  1. 「工場」のLED化メリット
  2. 「病院 – 医療施設」のLED化メリット
  3. 「オフィスビル」のLED化メリット
  4. 「店舗」のLED化メリット

LED照明工事の施工事例

  1. 「工場」の施工事例
  2. 「病院 – 医療施設」の施工事例
  3. 「オフィスビル」の施工事例
  4. 「店舗」の施工事例
LED工事の達人 お任せいただければ
工事にお手間を取らせません!
お問い合わせするだけ! 0120-913-956

お問い合わせ(営業時間 9:00~17:00)

Webからお問い合わせ